NIC生と就職難は無縁と評判です


経済状況が不透明さを増している中、
巷では、「就職難」という言葉が聞こえるようになっています。

しかし、海外の大学を出たNIC生は、
この就職難の中、続々と内定をもらっていることで評判です。

なぜNIC生は就職難とは無縁なのか?

その背景にあるのが、企業のグローバル化。

パナソニックやユニクロのように、
正社員採用数の80%以上を海外で採用するといった企業も出てきています。

日本の大学生とNIC生との違い

こうした中でNIC生は、欧米大学で培った語学力、
そして専門知識、多様な文化の中で身に付けた、
「主体性」「働きかけ力」を持っていると評判で、
今まさに、企業間でその争奪戦が起きているといっても過言ではありません。

スピードと就職先

実際、NIC生の間では、就職活動に関して、
内定までのスピードが、予想以上に早かったと評判です。

もちろん、NIC生の就職先は、日本企業だけではありません。

しかし、そうした場合でも問題ありません。

欧米の就職とは?

欧米の大学では、インターンシップが盛んに行われていることでも評判です。

例えばアメリカでは、インターンシップ・ディスカバリーシステムと呼ばれる、
全米・世界の1400以上の企業データベースを利用して、
インターンシップ企業を選択できると評判です。

この評判のシステムを利用しNIC生は、在学中から就職活動を有利に進められ、
就職後も即戦力として活躍できるのです。