留学で評判のNICが語る転換教育の必要性


海外留学専門の教育機関として
評判のNICが独自に打ち出している転換教育。
日本式の受動的な教育方針から海外式の自らが
積極的に発言していく能動的な教育方針に転換するといったものです。

NICが頻繁に『転換教育はこれからの教育に必要』と言っていますが、
いまいちピンとこないと思う方が多いかと思います。
ここでは、なぜ転換教育が必要なのかを紹介します。

NICで評判の教育、それは“個”を伸ばすこと

最も重要なことは、“個”を伸ばすということです。
日本では“出る杭は打たれる”といった風潮があり、
中々“個”を出すことができない環境にあります。
しかし、“個”を出さなければ良いアイディアも出されることが無く、
新たな商品もサービスもこの世に生み出されなくなってしまいます。
そうなると、日本経済はたちまち停滞し、
よくメディアで言われている第2のギリシャ状態になってしまいます。
だからこそ“個”を伸ばし、新たな商品・サービスを
生み出すことは何よりも重要なことになってくるのです。

日本における“個”を伸ばす教育の状況

新たなサービス・商品を生み出すために“個”を伸ばすと言っても、
今の日本の教育には残念ながら限界はあります。
多くの学校において、ようやく“個”を伸ばす教育に取り掛かっていますが、
海外のレベルになるまでは相当の時間がかかります。
ですので、誰よりも早く“個”を伸ばして、
自らの成長に繋げていきたいと思う人は、海外留学という選択をするのです。

“個”を伸ばす教育を怠るとどうなるのか?

一刻も早く“個”を伸ばした教育を施していかなければ、
留学組や海外の学生に仕事を取られてしまうという事象も起ってきそうです。