海外留学で評判のNICが重視する転換教育の土台について


海外留学専門学校で、利用者から高い評判を獲得しているのがNICです。
NICでは、他の海外留学専門学校にはない
「転換教育」という独自の教育法を展開しています。
転換教育を簡潔にまとめると、先生と生徒が
互いに意見を交わしながら課題を解決していく、
「ディスカッション形式」の教育のことを言います。

転換教育のメリット

従来から存続している「一方通行型」と比べて、
生徒が先生にオープンに議論していくので、
自然と目的意識を根付かせるメリットがあります。
実際に、教育関係者からNICの転換教育について
高い評判を得ているのも頷けるでしょう。
この転換教育を展開するうえで、土台となるべき考え方が存在します。
1つは分析的思考を重視する「クリティカルシンキング」
もう1つは創造的思考を重視する「クリエイティブ・シンキング」です。

クリエィティブ・シンキングで重要なこと

クリティカルシンキングは課題に対してどのように反論するべきか予測し、
対応を探ることで議論の方向性を理解する考え方のことです。
欧米ではこの考え方を用いた授業を展開するのが一般的で、
一般的には対話型・討論型がほとんどとなっています。
視野を広く持ち、物事に柔軟に対応していくこの考え方は、
NICの学生から大評判となっています。

一方、クリエィティブ・シンキングは
思考で創造性を豊かにする考え方になります。
斬新さを求めるのではなく、自分の創造力をフルに活用すること、
つまり自分らしい創造さを築いていくことが重要ということです。

総括

この2つの転換教育の土台を取り入れることで、
従来の日本型の教育を脱し、論理的思考を身につけていく、
それがNICという海外留学専門の語学スクールの評判が上がるのです。