イギリスの評判の良い大学にはNICを利用しよう

留学先の条件を探す時で欠かせないものは、
英語が通用するかどうかです。
評判の専攻分野でも、
フランス語しか対応していなかったら、
一からフランス語を覚えないといけません。
英語でしたら小中高で覚えた杵柄がありますので、
習得に掛かる時間は他の言語より少ないと言えます。
しかし、少ないと言っても、そんなに容易ではありません。
NICでも丸一年は掛かると言われています。
早ければ3ヶ月で十分かもしれませんが、
多くの方が一年間掛けてマスターレベルの英語を学びます。


芸術を海外で学びたいのであればイギリス

芸術を学ぶ場合、NICはイギリスを推薦しています。
フランスのパリの方が評判で、芸術を学べるイメージが強いですが、
そこでの講義は当然のようにフランス語です。
また、留学生を受け入れる体制もあまり整っていないと言えます。
しかし、イギリスはすべて英語です。
日常会話にいたるまで、すべて英語でやり通すことが出来ます。
NICを利用してイギリスの評判の大学へと留学することが出来るのです。



どういった手順で留学をすることになるのか?

まずは1年間Foundationというところで学びます。
これは英語力を確認するための学校のようなものです。
NICで1年間学んでも十分とは言えず、
こうした語学学校に通ってアカデミックな英語や専門用語を学びます。
そこを卒業したら、いよいよ大学で学ぶことが可能で、
イギリスの芸術コースだと3年間学ぶことになります。
他の学科や大学によっては、2年だったり5年だったりします。
このあたりの詳細や評判はNICにお問い合わせください。



トップクラスが集まることでも有名

イギリスの芸術コースはかなり本格的です。
世界中から留学生が集まっているだけはあり、
そこでの講義や実技はかなり評判になっています。
NICからも多くの方がイギリスに渡っており、
たくさんのことを学んで帰国しています。
中にはそのまま現地で働くNIC生も居るかもしれませんね。
イギリスはアメリカに並び、
世界トップレベルの国として評判なので、その教育の質も高水準です。
是非、イギリスに行って学びたいことを学んでください。